展示・イベント情報


イベント詳細

  • 日付:

ふるさと文学館冬季企画展「明治維新150年 近代文学の夜明け」

明治維新以降、西洋文化の流入により、日本文化は大きな影響を受けました。
文学においては、人間の内面の動きや現実の生活、理想の生き方など新しい題材を取り入れた小説が書かれるようになりました。また、表現方法についても、話し言葉を用いた口語体という新しい文体が生まれました。
このように西洋文化に影響を受ける一方で、伝統的な日本文化の素晴らしさを国外に伝える動きもありました。岡倉天心は『茶の本』など英文で書いた一連の著作を外国で出版し、日本文化を広く紹介しました。
本展では、近代文学を切り口に、文明開化の激流の中、新しい文化を切り拓いていった明治時代を振り返ります。

展示・イベント一覧へもどる