お知らせ

「四賢侯」研究発表会を開催します!

今回、歴史学者や四賢侯の研究者をお招きし、下記のとおり研究発表会を開催します。幕末の四賢侯と呼ばれた福井藩主・松平春嶽、薩摩藩主・島津斉彬、土佐藩主・山内容堂、宇和島藩主・伊達宗城。四賢侯の思想、交流と絆、歴史的役割等について語っていただきます。

 

1 日 時:平成30年11月17日(土) 13:30~16:30

2 場 所:ふくい南青山291 多目的ホール
(東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山内)

3 内 容:

【1.基調講演】
『四賢侯 松平春嶽の役割』
〇講 師:大石 学 (東京学芸大学教授)
『西郷どんと松平春嶽』
〇講 師:佐藤 宏之(鹿児島大学准教授)

【2.発表会】
『四賢侯の動向と思想』
〇発表者:大石学研究室 研究者
・山田篤史(埼玉県立草加東高等学校教諭)
・桐生海正(神奈川県立秦野曽屋高等学校教諭)
・守屋龍馬(徳川記念財団非常勤研究員)
・行田健晃(中央大学附属横浜中学校・高等学校兼任講師)

4 入場料:無料(要事前申込)

5 定 員:100人

6 主 催:幕末明治福井150年博実行委員会

7 その他
平成30年9月23日に福井県で「四賢侯シンポジウム」を開催しました。今回は、そこでとりまとめた内容等を首都圏で発信するものです。

 

〈講 師〉
○大石 学(東京学芸大学教授・時代考証学会会長)
・昭和28年東京都生まれ。
・東京学芸大学卒業、同大学院修士課程修了、筑波大学大学院博士課程単位取得
退学。徳川林政史研究所研究員、名城大学助教授などを経て、現在、東京学芸
大学教授。
・NHK大河ドラマ「新選組!」、「篤姫」、「龍馬伝」、「八重の桜」、「花
燃ゆ」、「西郷どん」等の時代考証を担当し、平成21年には、時代考証学会を
設立し会長に就任。主著に「首都江戸の誕生」「元禄時代と赤穂浪士」(角川
選書)、「地名で読む江戸の町」(PHP新書)、「新選組」(中公新書)、「時代劇
メディアが語る歴史-表象とリアリズム」(岩田書院)など多数。

○佐藤 宏之 (鹿児島大学学術研究院准教授)
・昭和50年新潟県生まれ。
・東京学芸大学卒業、同大学院修士課程修了、一橋大学大学院博士後期課程単位
取得退学。日本学術振興会特別研究員、鹿児島大学教育学部准教授などを経て
現在、鹿児島大学学術研究院法文教育学域教育学系准教授。
・NHK大河ドラマ「龍馬伝」、「西郷どん」において資料提供。著書に『近世
大名の権力編成と家意識』(吉川弘文館)、『現代語訳徳川実紀 家康公伝
1~5』(大石学・小宮山敏和・野口朋隆との共編著)、『学研まんが
NEW日本の歴史07江戸幕府の確立』(監修、学研教育出版)など。

お知らせ一覧へもどる