会場紹介

福井県立美術館

03
  • 岡倉天心に学んだ日本画家、菱田春草や横山大観、江戸初期に活躍した岩佐又兵衛など、郷土にゆかりのある作家を中心に作品を収集しています。所蔵品をテーマに分けて紹介するコレクション展、様々な美術を紹介する企画展を年数回開催。また、展示施設は一般にも貸出利用され、数多くの展示が行われています。

住所:
福井市文京3-16-1
電話:
0776-25-0452
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
不定休
料金:
一般・大学生=100円、70歳以上・高校生以下=無料
駐車場:
120台
アクセス:
JR福井駅よりコミュニティバスすまいる田原・文京方面線で約10分 県立美術館前下車
特別展・企画展:
幕末明治のアートシーン ~福井ゆかりの作家と同時代の巨匠の作品から~詳細
会場ホームページ →

福井県立こども歴史文化館

04
  • 遠い過去から現在まで、福井ゆかりの人物を通して、歴史や文化を楽しく学べるミュージアムです。手のひらに映し出される漢字のアニメーション「漢字ファンタジア」や素粒子3Dシアターなど、知的好奇心をくすぐる展示が盛りだくさん。日本有数の蓄音機コレクションも!

住所:
福井市城東1-18-21
電話:
0776-21-1500
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜(祝日を除く)、祝日の翌日(土・日・祝日を除く)、特別展準備期間、GW・夏休みは無休
料金:
無料
駐車場:
38台
アクセス:
JR福井駅東口よりフレンドリーバスで約5分
特別展・企画展:
速報展!漱石のはがき~100年ぶりの大発見~詳細
特別展・企画展:
明治ふくいのフロンティア~テキスタイル&メガネ~詳細
特別展・企画展:
マンガ ―その歴史と描かれた先人たち―詳細
特別展・企画展:
幕末明治のレジェンドたち ―先人の生きた道―詳細
会場ホームページ →

福井県立図書館
福井県文書館
福井県ふるさと文学館

05 06 07
  • 県内の自治体史や博物館展示図録、郷土史等を完備した図書館、福井県に関する公文書・新聞や写真などの記録が閲覧できる文書館、福井ゆかりの作家や福井が登場する作品を紹介するふるさと文学館の3館が併設された施設です。史料や作品などを通して、新たな福井県の歴史に出会えます。

住所:
福井市下馬町51-11
電話:
福井県立図書館 0776-33-8860 福井県文書館 0776-33-8890 福井県ふるさと文学館 0776-33-8866
営業時間:
9時~19時(土日祝は18時まで)(※文書館は~17時)
休館日:
月曜(夏休み期間を除く)・第4木曜(ともに、祝日の場合は翌日)、文書等点検期間(年間10日以内)
料金:
無料
駐車場:
約400台
アクセス:
JR福井駅東口よりフレンドリーバスで約16分
特別展・企画展:
福井県立図書館 松平文庫テーマ展「幕末維新史研究の超一級史料-中根雪江が編んだ五つの歴史書-」詳細
特別展・企画展:
福井県文書館 くずし字マスターへの道―明治編―詳細
特別展・企画展:
福井県文書館 土地はだれのもの?-福井の地租改正-詳細
特別展・企画展:
福井県文書館 発掘!-明治を拓いた意外な福井藩士たち-詳細
特別展・企画展:
福井県ふるさと文学館 国立公文書館所蔵資料展「明治日本とふくいの軌跡」詳細
特別展・企画展:
福井県ふるさと文学館 明治維新150年 近代文学の夜明け詳細
特別展・企画展:
福井県ふるさと文学館 幕末の福井を描いた小説詳細

福井市橘曙覧記念文学館

08
  • 幕末の福井で活躍した歌人、国学者の橘曙覧を紹介する文学館です。曙覧が暮らした「黄金舎」跡に建てられました。曙覧は心豊かな歌を詠み、『橘曙覧遺稿志濃夫廼舎(しのぶのや)歌集』を残しました。生活の中にある素朴な「たのしみ」を詠み込んだ52首の連作「独楽吟(どくらくぎん)」は多くの人に親しまれています。

住所:
福井市足羽1-6-34
電話:
0776-35-1110
営業時間:
9時~17時15分(入館は16時45分まで)
休館日:
展示替え等による臨時休館日
料金:
一般・大学生・高校生=100円、70歳以上・中学生以下・障害者手帳をお持ちの方=無料
駐車場:
7台
アクセス:
JR福井駅より徒歩で15分
特別展・企画展:
独楽吟 -150年後へのメッセージ詳細
会場ホームページ →

福井市グリフィス記念館

09
  • 福井藩最後の年となる明治4(1871)年まで、藩校のお雇い外国人として教べんをふるい、帰国後長く日米の懸け橋となったウィリアムE.グリフィスの記念館です。外観はグリフィスが暮らした住宅を再現。館内では落ち着いた雰囲気の中、グリフィスや松平春嶽公らが会話をするCG肖像画等により、当時の情熱と心の交流にふれていただけます。

住所:
福井市中央3-5-4
電話:
0776-50-2911
営業時間:
10時~19時(3月〜11月) ※入館は閉館30分前まで
休館日:
なし
料金:
無料
駐車場:
なし
アクセス:
JR福井駅より徒歩で約15分
特別展・企画展:
外国人がおどろいた!幕末維新期の日本人詳細
特別展・企画展:
グリフィスが語る明治維新詳細
会場ホームページ →

永平寺魅力発信交流施設えい坊館

10
  • 松岡町役場、織物会館として親しまれてきた建物をモデルにして造られた永平寺町の魅力と情報を発信する拠点施設です。禅体感ゾーンではデジタルアートによって禅文化の神秘を体感することができます。周辺は松岡城下町であったところで、江戸時代を感じさせる道筋と、歴史を感じる町並みが魅力です。春日山古墳や松尾芭蕉の足跡など、様々なスポットも周辺にあります。

住所:
吉田郡永平寺町松岡神明3-107
電話:
0776-61-0888
営業時間:
9時~18時(入館は17時半まで)
休館日:
火曜(祝日の場合は翌日)
料金:
無料
駐車場:
20台
アクセス:
えちぜん鉄道松岡駅より徒歩で2分
特別展・企画展:
まつおかのものづくり
会場ホームページ →

大野市歴史博物館

11
  • 大野の縄文時代から近世までの歴史資料を保存・展示しています。特に幕末大野藩の財政立直しの重要な資金源となった面谷銅山や大野屋の各種資料、また、洋学の振興や大野丸の10分の1模型等の資料も展示しています。

住所:
大野市天神町2-4
電話:
0779-65-5520
営業時間:
月〜土9時~16時、日祝9時〜17時
休館日:
館内整理の期間
料金:
一般・大学生・高校生=200円、中学生以下=無料
駐車場:
城下町南広場駐車場を利用
アクセス:
JR越前大野駅より徒歩で10分
特別展・企画展:
藩政改革を支えた面谷銅山詳細
会場ホームページ →

和泉郷土資料館

12
  • 鉱山資料などの歴史資料のほか、和泉地区で発見された三葉虫やサンゴ、ウミユリ、アンモナイト、貝類、植物、恐竜などの化石を展示しています。

住所:
大野市朝日25-7
電話:
0779-78-2845
営業時間:
月〜土9時~16時、日祝9時〜17時
休館日:
月曜(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、館内整理の期間
料金:
一般・大学生・高校生=200円、中学生以下=無料
駐車場:
道の駅の駐車場を利用
アクセス:
JR九頭竜湖駅より徒歩で1分
特別展・企画展:
藩政改革を支えた面谷銅山詳細
会場ホームページ →

勝山市立図書館

13
  • 白山平泉寺関係など勝山市の歴史文化に関わる郷土資料や恐竜の本のコーナーのほか、展示コーナーを設けています。正面玄関にはからくり時計が置かれており、時間になると「左義長ばやし」の音色とともに、人形たちが太鼓をたたく陽気な仕草を見ることができます。

住所:
勝山市昭和町1-7-28
電話:
0779-88-6000
営業時間:
平日9時半〜19時、土日祝9時半〜17時
休館日:
月曜、最終木曜、蔵書点検期間(2月下旬頃予定)
料金:
無料
駐車場:
17台
アクセス:
えちぜん鉄道勝山駅より徒歩で20分
特別展・企画展:
林毛川と谷澤たま詳細
会場ホームページ →

はたや記念館ゆめおーれ勝山

14
  • 明治38(1905)年から平成10(1998)年まで、勝山の機屋として操業していた建物を保存・活用し、絹織物「羽二重」の歴史と織物の世界を体感できる生きた文化財です。歴史ギャラリーと収蔵展示コーナーでは機屋の建物を活かした臨場感あふれる展示を、体験コーナーでは実際に織物の世界を楽しむことができます。

住所:
勝山市昭和町1-7-40
電話:
0779-87-1200
営業時間:
9時〜17時(入館は16時半まで)※体験受付は9時~16時 ※カフェコーナーは10時~
休館日:
なし 
料金:
無料
駐車場:
30台
アクセス:
えちぜん鉄道勝山駅よりコミュニティバスなどで3分
特別展・企画展:
ふくい輸出羽二重の誕生と勝山詳細
会場ホームページ →

みくに龍翔館

15
  • 三国の自然や歴史・風土について紹介する郷土資料館。五層八角形の外観は、明治期にオランダ人エッセルが設計したといわれる龍翔小学校を復元したものです。1階から3階まで、三国湊や北前船関係資料を中心にその歴史や文化を紹介しており、4階からは、かつての湊町があった町並みと日本海を見渡せます。

住所:
坂井市三国町緑ヶ丘4-2-1
電話:
0776-82-5666
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
水曜(祝日の場合は翌日)
料金:
一般・大学生・高校生=300円、中学生・小学生=150円 ※幼児は無料、団体(30名以上)は2割引
駐車場:
約25台
アクセス:
えちぜん鉄道三国駅より徒歩で約10分
特別展・企画展:
幕末維新の知られざるヒーロー列伝―坂井市域の群像とゆかりの品々―詳細
会場ホームページ →

福井県教育博物館

16
  • 幕末から明治、大正、昭和の貴重な教科書や教具・教材、生徒作品などを通して福井の教育の歴史を紹介しています。また、福井ゆかりの教育者に関する展示や、幅広い年齢層が楽しめる、触れられる実物のある昭和の再現教室、手にとって見られる教科書展示コーナー、校歌の検索コーナーなども設置しています。

住所:
坂井市春江町江留上緑8-1
電話:
0776-58-2250
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜、祝日の翌日(展示替え等で臨時休館あり)
料金:
無料
駐車場:
普通乗用車200台
アクセス:
京福バス教育博物館前下車 徒歩で7分
特別展・企画展:
幕末明治 福井の教育(2) ―明治150年 近代教育のはじまり―詳細
特別展・企画展:
幕末明治 福井の教育 ―藩校の教育改革―詳細
会場ホームページ →

藤野厳九郎記念館

17
  • あわら市出身の医者・藤野厳九郎と中国近代文学の父・魯迅の師弟の交わりの歴史や藤野厳九郎の旧宅などを公開しています。館内の資料室に展示してある書籍、医療器具、書簡など多くの遺品は、藤野厳九郎の人柄を知る上で、とても貴重なものです。建物は登録有形文化財に登録されています。

住所:
あわら市温泉1-203
電話:
0776-77-1030
営業時間:
9時~18時
休館日:
火曜(祝日の場合は翌平日)
料金:
一般・大学生=200円、高校生以下=無料
駐車場:
6台
アクセス:
えちぜん鉄道あわら湯のまち駅より徒歩で2分
会場ホームページ →

あわら市郷土歴史資料館

18
  • 中世から宿場町として栄えた金津の一角にあり、あわら市の歴史を物語る資料や金津宿のジオラマを展示しています。また、日用品を使い、各地区で製作される金津祭の本陣飾り物を5点展示しています。飾り物は街中にも常設展示されているところがあり、観光客に人気です。

住所:
あわら市春宮2-14-1 金津本陣IKOSSA2階
電話:
0776-73-5158
営業時間:
9時半~18時(入館は17時半まで)
休館日:
月曜、第4木曜(祝日の場合は翌平日)
料金:
無料
駐車場:
49台
アクセス:
JR芦原温泉駅より徒歩で10分
特別展・企画展:
芦原温泉ものがたり~明治に生まれた名湯の軌跡~詳細
会場ホームページ →

鯖江市まなべの館

19
  • 幕末期に鯖江藩第7代藩主間部詮勝が造営した嚮陽渓(現在の西山公園一帯)の一角に建つ博物館・美術館複合施設です。縄文~近代までの歴史資料や、鯖江市出身のアニメーション作家クリヨウジ氏や洋画家西山真一氏の美術作品を展示しています。

住所:
鯖江市長泉寺町1-9-20
電話:
0778-53-2257
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜、祝日
料金:
一般・大学生・高校生=100円、中学生以下=50円
駐車場:
30台
アクセス:
福井鉄道西山公園駅より徒歩で3分
特別展・企画展:
幕末維新と鯖江藩詳細
会場ホームページ →

越前市武生公会堂記念館

20
  • 昭和4(1929)年に町民の集いの場、文化活動の拠点として「武生町公会堂」が開館しました。昭和8(1933)年には1階に町役場が設置され、昭和30(1955)年に武生市役所(現越前市役所本庁舎)が建設されるまで、町政の中心でもありました。平成7(1995)年の改修により博物館施設として生まれ変わり、平成17(2005)年合併により現名称へと変わり、現在に至ります。

住所:
越前市蓬莱町8-8
電話:
0778-21-3900
営業時間:
10時~18時(入館は17時半まで)
休館日:
月曜(祝日の場合は開館)、祝日の翌平日(土曜・日曜は開館)、展示替え、館内燻蒸などの期間
料金:
常設展、収蔵品展=無料 特別展、企画展の一部=有料
駐車場:
5台
アクセス:
JR武生駅より徒歩で約5分
特別展・企画展:
古文書が伝える幕末の越前詳細
会場ホームページ →

能楽の里文化交流会館

21
  • 生活芸術の里づくりの拠点をテーマに建設された能楽の里文化交流会館「アーティパレス・池田」は、メインホール、図書室、視聴覚室、アトリュウム、会議室などを備えた、芸術鑑賞から創作活動まで様々な文化活動の要望に応える生涯学習センターです。能舞台の設置も可能です。

住所:
今立郡池田町薮田5-1
電話:
0778-44-8006(池田町教育委員会)
営業時間:
9:00~17:00
休館日:
毎週月曜日・年末年始
料金:
無料
駐車場:
アクセス:
JR福井駅または武生駅から池田町行きバス「薮田」下車徒歩5分/北陸自動車道武生または鯖江ICから車で30分
特別展・企画展:
水戸天狗党 池田を通る詳細
会場ホームページ →

越前町織田文化歴史館

22
  • 越前町織田文化歴史館は、歴史資料館・文化交流ホール・図書館からなる複合施設です。歴史資料館は国宝を展示する福井県で唯一の公共施設で、「海揚がり土器」・「国宝梵鐘」・「劔神社」・「泰澄」・「織田一族の祖」・「越前焼の歴史」などをテーマに、考古資料・工芸品・古文書・絵画を展示しています。

住所:
丹生郡越前町織田153-1-8
電話:
0778-36-2288
営業時間:
10時~18時(入館は17時半まで)
休館日:
月曜(祝日の場合は開館し、翌日が休館日)、祝日・振替休日の翌日
料金:
一般・大学生・高校生=100円、70歳以上・中学生以下=無料
駐車場:
50台
アクセス:
武生IC、鯖江ICより車で35分
特別展・企画展:
幕末明治の越前町詳細
会場ホームページ →

福井県陶芸館

23
  • 越前焼を見て学ぶ「資料館」、作って楽しむ「陶芸教室」、使って味わう「茶苑」が揃っています。

住所:
丹生郡越前町小曽原120-61
電話:
0778-32-2174
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜(休日を除く)、休日の翌日(土・日・休日を除く)
料金:
一般・大学生=200円、70歳以上・高校生以下=無料
駐車場:
250台
アクセス:
JR武生駅よりバスで約30分(福鉄バスかれい崎行陶芸村口下車すぐ)
特別展・企画展:
明治150年記念 明治時代のふくい-近代のくらしとやきもの-詳細
会場ホームページ →

越前古窯博物館

24
  • 越前焼研究の第一人者水野九右衛門の旧宅と水野コレクションを展示している資料館や本格的な茶室を備えています。

住所:
丹生郡越前町小曽原107-1-169
電話:
0778-32-3262
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜(休日を除く)、休日の翌日(土・日・休日を除く)
料金:
【資料館】一般・大学生=200円、高校生以下・70歳以上=無料
駐車場:
50台
アクセス:
JR武生駅よりバスで約30分(福鉄バスかれい崎行陶芸村口下車すぐ)
特別展・企画展:
明治以降のやきもの詳細
会場ホームページ →

北前船主の館 右近家

25
  • 右近家は、江戸中期から明治中期にかけて北前船主として活躍した日本海五大船主に数えられる名家であり、その邸宅は現在、北前船の歴史資料館として公開されています。また、右近家より北に位置する「河野北前船主通り」では、同じ北前船主として栄えた重要文化財中村家住宅など、往時の繁栄ぶりを偲ばせる町並みの散策を楽しむことができます。

住所:
南条郡南越前町河野2-15
電話:
0778-48-2196
営業時間:
9時~16時
休館日:
水曜
料金:
一般・大学生・高校生=500円、小・中学生=300円、小学生未満=無料
駐車場:
50台
アクセス:
武生ICより車で約30分/敦賀ICより車で約40分
特別展・企画展:
北前船主九代目右近権左衛門 ―幕末明治の右近家―詳細
会場ホームページ →

昭和会館

26
  • 昭和会館は、昭和5年に今庄出身の篤志家田中和吉氏が社会教育の拠点として建設しました。今庄宿では珍しい鉄筋コンクリート3階建ての洋風建築物で、国登録有形文化財にも登録されています。その周辺の町並みには、宿場町の雰囲気が色濃く残っており、特に京藤甚五郎家は水戸天狗党が滞在したといわれるなど、様々な歴史スポットがあります。

住所:
南条郡南越前町今庄75-6
電話:
0778-47-8002(南越前町観光まちづくり課)
営業時間:
10時~16時(土・日及び企画展開催中のみ開館[予定])
料金:
無料
駐車場:
なし(近くにJR今庄駅無料駐車場あり)
アクセス:
JR今庄駅より徒歩で5分
特別展・企画展:
宿場町・鉄道のまち今庄詳細
会場ホームページ →

敦賀市立博物館

27
  • 古くから栄えた敦賀港の町中に残された重要文化財の「旧大和田銀行本店本館」建物を活用した歴史博物館です。港を中心とした敦賀の歴史資料のほか、近世・近代日本画コレクション等も紹介しています。敦賀のシンボルである氣比神宮から徒歩10分ほど、隣接するみなとつるが山車会館では敦賀祭りの山車を映像とともに見学できます。

住所:
敦賀市相生町7-8
電話:
0770-25-7033
営業時間:
10時~17時
休館日:
月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、臨時休館あり
料金:
一般・大学生=300円、高校生以下=無料
駐車場:
13台
アクセス:
JR敦賀駅より徒歩で25分
特別展・企画展:
近代敦賀港と大和田荘七詳細
特別展・企画展:
水戸天狗党敦賀に散る詳細
会場ホームページ →

美浜町歴史文化館

28
  • 縄文時代までさかのぼる美浜町内の多くの文化財、歴史文化に関する資料などを収集・保存し、展示・公開しています。国史跡・興道寺廃寺跡に関わる出土品や町内の遺跡・古墳から出土した銅鐸、人物埴輪、須恵器等の考古資料、町内に伝わる近現代の民俗資料(生活民具・農具等) が見どころです。

住所:
三方郡美浜町河原市8-8
電話:
0770-32-0027
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜、祝日の翌日
料金:
一般・大学生・高校生=100円、小・中学生=50円、小学生未満=無料
駐車場:
12台
アクセス:
JR美浜駅より徒歩で25分
特別展・企画展:
知識と技術と実践で若狭の農を支えた偉人-伊藤正作詳細
会場ホームページ →

若狭国吉城歴史資料館

29
  • 美浜町史跡国吉城址とその城下町として整備された佐柿の町並みを紹介しています。国吉城は、越前朝倉氏の侵攻を防ぎ続けた「難攻不落」の城で、織田信長の越前攻めの拠点になりました。佐柿の町は、江戸時代は丹後街道の宿場として繁栄し、小浜藩の佐柿町奉行所跡や水戸浪士を収容した准藩士屋敷跡などがあります。

住所:
三方郡美浜町佐柿25-2
電話:
0770-32-0050
営業時間:
4月~11月 9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜、休日の翌日
料金:
一般・大学生・高校生=100円、小・中学生=50円
駐車場:
80台
アクセス:
JR美浜駅より徒歩で25分
特別展・企画展:
明治の佐柿と三方郡役所詳細
特別展・企画展:
幕末佐柿と水戸天狗党詳細
会場ホームページ →

福井県立若狭歴史博物館

30
  • 「歴史文化の宝庫」といわれる若狭地域に伝わる仏像や祭り、歴史にまつわる資料を収蔵・公開しています。平成26年に常設展示を一新し、より多くの方々にわかりやすく若狭の歴史文化に親しんでいただける博物館となりました。また、歴史文化観光の拠点として、鯖街道をはじめ地域の様々な情報も提供しています。

住所:
小浜市遠敷2-104
電話:
0770-56-0525
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
不定休
料金:
一般・大学生=300円、70歳以上・高校生以下=無料
駐車場:
60台
アクセス:
JR東小浜駅より徒歩で7分
特別展・企画展:
うきたつ人々~幕末若狭の祭礼・風俗・世相~詳細
会場ホームページ →

御食国若狭おばま食文化館

31
  • 若狭おばまの食をはじめ、「すし」や「雑煮」「和食」などの食の歴史や文化を学べます。鯖寿司や季節のお菓子などの調理体験や箸研ぎ、和紙漉きなどの工芸体験も楽しめます。また、海の見える温浴施設や、別館には地元食材を使った料理を楽しめるお食事処もあります。※調理体験は要予約

住所:
小浜市川崎3-4
電話:
0770-53-1000
営業時間:
9時~18時(3/1~11/30)
休館日:
水曜(祝日の場合は開館)
料金:
無料
駐車場:
100台
アクセス:
JR小浜駅より車で5分
特別展・企画展:
江戸・明治時代の食文化詳細
会場ホームページ →

福井県立若狭図書学習センター

32
  • 古くは「御食国」としての歴史を持つ嶺南地域の郷土資料や若狭の海に関する資料を多く所蔵しています。期間中、小浜市(文化課)による企画展が開催されます。

住所:
小浜市南川町6-11
電話:
0770-52-2705(企画展に関することは小浜市役所文化課まで 0770-64-6034)
営業時間:
9時~19時(土日祝は18時まで)
休館日:
月曜(7/23・7/30・8月中の月曜は開館)、祝日の翌日(土日祝にあたる場合は開館)
料金:
無料
駐車場:
35台
アクセス:
JR小浜駅より徒歩で15分
特別展・企画展:
幕末明治を生きた若狭小浜の偉人たち詳細
会場ホームページ →

佐久間記念交流会館

33
  • 明治43(1910)年4月15日、山口県新湊沖で起こった潜水艇の事故により、13名の艇員とともに殉難した佐久間勉艇長。館内には、潜水艇が海に沈んでから書かれた遺書や腕時計などの遺品をはじめ、佐久間にゆかりのある品々を多数展示しています。

住所:
三方上中郡若狭町北前川61-2
電話:
0770-45-1780
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜・第3日曜
料金:
無料
駐車場:
9台
アクセス:
JR三方駅より徒歩で20分
特別展・企画展:
佐久間勉の生きた時代詳細
会場ホームページ →

若州一滴文庫

34
  • おおい町出身の作家水上勉により設立され、氏の蔵書2万冊を収蔵公開するほか、文学作品に使用された画家の装丁や挿絵の原画なども展示しています。また、若州人形座の文楽公演が行われる劇場や小説に登場する人物の竹人形を展示した竹人形館も併設し、ゆったりとした時間の中で文学の世界を楽しむことができます。

住所:
大飯郡おおい町岡田33-2-1
電話:
0770-77-2445
営業時間:
9時~17時
休館日:
火曜(祝日の場合は翌日)
料金:
一般・大学生・高校生=300円、70歳以上・中学生以下=無料
駐車場:
30台
アクセス:
JR若狭本郷駅より車で5分
特別展・企画展:
動乱の時代をあゆむ詳細
会場ホームページ →

高浜町郷土資料館

35
  • 3つの展示室と2つのギャラリーで展示を行っています。第1展示室では町内の美術工芸資料と民俗、大スクリーンによる「高浜七年祭」の映像、第2展示室では高浜の考古を時代順に紹介し、古墳の原寸大石室半裁模型などを展示しています。第3展示室では地元ゆかりの戦国武将の資料を展示しています。

住所:
大飯郡高浜町南団地1-14-1
電話:
0770-72-5270
営業時間:
9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:
月曜
料金:
一般・大学生・高校生=200円、中学生以下=100円(町内無料)、70歳以上=200円(町内無料)
駐車場:
15台
アクセス:
JR若狭高浜駅より徒歩で約10分
特別展・企画展:
郷土の偉人 -高僧 釈 宗演-詳細
会場ホームページ →
会場一覧へもどる